calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

hondalady

LINE ID

 【furuhe】 ご用事がありましたらお気軽に!!

access

ザ・インタビューズ

categories

archives

        

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.04.11 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    中野テルヲ 「Oscillator and Spaceship」

    0
      JUGEMテーマ:TECHNO

      IMG_1728.jpg 

      こんにちは、テクノの娘じゃなくオジサン、スガワラです。

      昨日は新宿ロフトにFLOPPYのライブに行ってきました。
      ライブレポは後日、気長に待っててくださいなー。

      そんなライブの前に中野まで、CDを買いに行きましたよ。
      中野ブロードウェイにはテクノ、エレクトリックミュージックCD専門店
      「メカノ」があるんですよ。
      http://members3.jcom.home.ne.jp/mecano/

      そんなメカノに中野テルヲさんの新譜を買いに行きましたよ。
      まあ、フラゲだったんですけどね(笑)

      元P-MODEL、元ソニックスカイ、元ロングバケーション。
      もう、テルヲさんは自分の世界感を持っているから安心の
      クオリティです。

      テルヲさんのオフィシャルサイトはコチラ。
      http://www.din.or.jp/~teru-o/

      独特の質感、音感といったらいいのか、コレはテルヲさんにしか
      出せない「音」。あまり、一般的な機材とか使ってないからかな?
      いや、コレはテルヲさんのセンス、才能なんです。

      基本は高橋さんのUTSとか、サイン波の発振機(オシレーター)、
      短波ラジオ、そしてCDJ。

      機材からしてオリジナリティあふれているのだ。

      あとはテルヲさんの柔らかい声。優しくて、それでいてハッキリした声。
      唄を聴かせるのも、テルヲさんのスタイルだよなあ。

      聞いたことない人には、本当におススメですので。

      「Oscillator and Spaceship」 中野テルヲ 2100円
      /尭飴
      Game
      雪山
      Pilot Run #7
      ゥ哀薀ぅ澄
      Ρ宙船
      Д侫譟璽燹Ε丱奪侫´

      そして、ライブがあります。「Live tour 2012」
      3/22(木)@愛知(池下) CLUB UPSET
      3/23(金)@大阪(北堀江) club vijon
      4/7(土)@東京(高円寺) KOENJI HIGH
      4/8(日)@東京(高円寺) KOENJI HIGH

      自分は4/7、8の東京はチケットを買ってるので行く予定に
      してます。




      前作 「Signal / Noise」より、現象界パレット

      今日の電気音楽 その10

      0
        JUGEMテーマ:TECHNO
         
         


                「EVERYTHING」  FLOPPY (アルバム、Deus ex machina収録)

        えー、テクノポップユニットFLOPPYの「EVERYTHING」です。
        無駄に音数の多いピコピコにメランコリックなメロディー。名曲です。


        FLOPPYは戸田宏武さんと小林写楽さんのユニット。
        http://floppy.syncl.jp/

        2004年から活動しています。戸田さんも写楽さんも、それぞれ自分の
        バンド、ユニットもあるので去年はあまり活動がありませんでした。

        戸田 宏武・・・・・新宿ゲバルト、NESS
        小林 写楽・・・・・GalapagosS

        ライブにはサポートで元P-MODEL、ケラ&ザ・シンセザイザーズの
        三浦俊一さんがギターで。
        あと元メトロノーム、GalapagosSのシンタロウさんがエレドラで
        参加してました。

        しかし、昨年12/17の久しぶりのライブではドラムレスになってて、
        そのぶんエレクトロニクスの割合が増えてましたね。

        今月、3/20に新宿ロフトでワンマンライブがありますが、どんな「音」を
        聴かせてくれるのか、今から非常に楽しみですよー!!


        今日の電気音楽 その9

        0
          JUGEMテーマ:TECHNO

           


            「Pump Up The Volume」 M/A/R/R/S 1987

          なぜか、昨日からヘビロテしてます。iTunes Storeで購入しちゃったし。
          えっと1987年に4ADのカラーボックスとA.R.ケインによるハウス・ユニットの
          唯一のシングルですね。

          これって、ハウスなのか。25年前なのにカッコいいなあ。
          サンプリングしまくりだけど、なんていうかセンスがいいんだよねー。

          あと、このPVがいろんな宇宙系のミックスで曲に合ってるんで良いです。

          リアルタイムで聴いてたけど、その頃はこんなにいいとは思わなかった(笑)
          今になって好きになるなんて不思議だけど、それだけオジサンになったと
          いうことだろうか。


          今日の電気音楽 その8

          0
            JUGEMテーマ:TECHNO

             

              URBAN DANCE 「KISS×KISS」

            現在、4-D mode1として活動中の成田忍さんが、昔やっていたユニットが
            URBAN DANCEです。この曲は2ndの「2 1/2 (Two half)」収録。

            活動自体は短かったみたいです(1985〜1986)。
            細野さんのレーベルnon standardから1stは高橋幸宏プロデュースだった
            ので、ポストYMOと期待されてました。

            ユニット解散後は、成田さんがソロでUD-ZEROとしての活動もありました。

            昨年4-D mode1のライブ後にお話を出来たので、ちょっと話題になってた
            URBAN DANCEのコトを聞いたら、今の仕事が一段落して声が出るように
            なったら前向きに考えたいと言ってくれました。

            ので、期待してますよ、成田さん。ライブでは是非、この曲をお願いします!

            今日の電気音楽 その7

            0
              JUGEMテーマ:TECHNO

               

              「WARM LEATHERETTE」 THE NORMAL (1978)

              こんにちは、このコーナーも久しぶりだ。
              ゆるっと続けていけたらと、思ってますのでヨロシクです。

              まあ、期待している人はいないでしょうけどー(笑)

              さて、Depeche Mode、Erasureが所属する英インディペンダントレーベル
              「MUTE」のオーナー、ダニエル・ミラーのプロジェクト THE NORMALの
              名曲「WARM LETHERETTE」です。

              たくさんのアーティストにカバーされてるのがその証拠。

              この曲はMUTEのファーストリリースだったんだね。

              ものすごくシンプルなんだけど、マネ出来ないオリジナリティがあります。

              今回、この曲を取り上げたのはこちらの記事を読んだから。
              http://t.co/6ebvkLbY



              そして、リミックスのPVがこちら。これはもうカバーじゃないの?
              まあ、元の音を使ってればリミックスかあ。

              でも、女性ボーカルってのがなあ。冷たく感情のない男性の声が
              いいのだが。あ、ロボ声もいいかもしれない。

              どうせならこの曲だけをいろんなアーティストにリミックスしてもらった、
              そんなCDをだしてくださいな、ダニエル・ミラーさん!
              そしてTHE NORMAL自身も新録でお願いします。

              今日の電気音楽 その6

              0
                JUGEMテーマ:TECHNO

                 


                  メテオール「SOLAR節」

                このコーナーは自分がCDもしくは音源を、持ってるものからお送りして
                おりますですので。

                はい。メテオールです。カズウさんです。ヒロックさんです。

                馬の骨のかたにはパラモデルの人って言ったほうがいいかな。

                90年代はパラペッツ(パラモデル)で活動してましたね。
                昨年、一回だけの再結成ライブ良かった。念願かないましたー。

                P-MODEL、平沢さんにけっこう影響を受けてます。
                パラモデルですもんね(笑)

                そしてカズウさんは、このカタチにたどり着いたんですね。

                宇宙民謡。エレクトロニクスと三味線。クセになります。
                「スケルトンコースト公園」の世界でしょうか。

                でもカバーした「スケリントン海浜公園」はもっとガッツリいっても
                良かったのでは?と、正直思ったのはナイショです。

                オリジナリティあふれる、メテオール。応援してますよー!

                たまにはパラペッツもね。いっそ、パラオールとか(笑)

                今日の電気音楽 その5

                0
                  JUGEMテーマ:TECHNO

                   


                    VCMG「SPOCK」

                  なんということでしょう。昨年、このVCMGは結成されてシングル
                  「SPOCK」がリリースされました。

                  VCMGは「Erasure」のVince Clarkeと
                  「Depeche Mode」のMartin Lee Goreのプロジェクトです。
                  Vince Clarke、Martin Lee GoreなのでVCMG。

                  Vince Clarkeは1981年までDepeche Modeに在籍してたので、
                  初期DM以来の顔合わせですなあ。

                  同じMuteにいても、交流は全然なかったからビックリしましたよ。

                  まあ、初期DMではMartinは曲を書いてなかったからね。
                  もしもVinceが脱退してなかったら、、、みたいな感じではないか。

                  才能のある電子音楽家の錬金術。

                  この多忙な二人はネットを介して「音」をやり取りし、
                  作品を完成させたとのこと。

                  イントロのパーカッシブな電子音から次第に音を重ね、
                  そして変化させていく。
                  一音一音がとてもこだわって、作られていることが良くわかる。

                  インスト曲なんだけど最後までドラマティックな展開で、
                  5:43があっという間だ。

                  3/12には1stアルバム「Ssss」がリリースされる。

                  できることならこのプロジェクトが継続して、音源のリリース、
                  そしてライブが行われるのなら電気音楽ジャンキーとして
                  この上のない幸せなことなので、お二人さんヨロシクお願いします!

                  今日の電気音楽 その4

                  0
                    JUGEMテーマ:TECHNO

                     


                      福間未紗「円盤旅行」

                    女性ボーカル嫌いなスガワラが聴く、数少ない女性ボーカルテクノの
                    うちの一人、福間未紗さんです。

                    しかし、未紗さんは1st「morse」、4th「Festa Manifesto」以外のアルバム
                    はバンドサウンドだったり、アコースティックだったりするんですよね。

                    純粋なテクノなアーティストじゃないかもしれません。でも、1st、4thには実弟
                    福間創さん(Soyuz Project、ex P-MODEL)がエレクトロニクス、サウンド
                    プロデュースで参加してるんで、遺伝子的にやっぱりテクノな人だと思います。

                    本当はアコースティックなアルバムにいい曲が多いので、
                    別の機会に紹介したいなあと思ってます。

                    この「円盤旅行」は未紗さんが以前に組んでいたUNIT、RISUの時代の楽曲
                    らしいです。それを創さんがエレクトロニクスリアレンジ。
                    そしてJah Peng-Fang氏の胡弓との絶妙なフュージョン。

                    現在は大阪で子育て中の未紗さんですが、いつかまたこの歌声が聴けるのを
                    夢見て生きてますので。できれば、創さんとの姉弟コラボだと
                    最高なんですけどねー!

                      あの空のうしろ側を
                      めくればそこは星くずがうずまく
                      魚型の円ばんで
                      宇宙の外へ飛び抜け出そうよ

                      ガラスごしに見下ろせば
                      君の赤い屋根 斜めに横切る
                      まぶしすぎる暗闇へ
                      一緒につれてってあげようか?

                      やっと見つけた空!空!
                      誰もがみんな浮かれてる
                      ボクらのやっと戻れる空!空!
                      宇宙の外へ帰ろうや!!

                      あの空のうしろ側を
                      めくればそこは憧れの天竺
                      魚型の円ばんで
                      一緒に乗せてってあげようか?

                      やっと見つけた空!空!
                      誰もがみんな笑ってる
                      ボクらのやっと戻れる空!空!
                      宇宙の外へ帰ろうや!!

                      
                    IMG_9951.jpg  




                    心に残ってるライブ・コンサートの想い出を教えて下さい!!

                    0
                      心に残ってるライブ・コンサートの想い出を教えて下さい!!

                      IMG_6277.jpg


                      やっぱり1991年9月23日、日比谷野外音楽堂のERROR OF UNIVERSE
                      のP-MODELのライブでしょうか。

                      1988年7月29日、よみうりホールのFEAR'S BRAVOがP-MODEL初見
                      でしたので。大学が岩手だったんで、ようやくライブに行ったんですよ。

                      これから出来るだけ行くぞー、と思ってたら88年末には凍結に。

                      この後、平沢ソロも何回か行きました。90年のERROR FORCEのP-MODEL
                      はやっぱり「お祭り」だったんですよね。感動したけど。

                      「コンニチハ ワタシ ピーモデル ピーモデル メンバー ヨビマス」

                      出囃子のAMIGA2500がメンバーを告げる。鳥肌立つってー!

                      そして、「ゼ ブ ラァァァァアアアーッ」って。泣きましたよ、泣きながら
                      踊りましたよ(笑)

                      セトリも ZEBRA → HOLLAND ELEMENT → いまわし電話 → HEAVEN
                      → フルへ → カメアリポップ → TOUCH ME → オヤスミDOG
                      → SOLID AIR → BOAT → LEAK → CYBORG

                      ほぼ、ベストな選曲で凍結ナンバーのリアレンジ。ナンテコッタ!
                      さらに、ゴリゴリなエレクトロアレンジのミニマル路線。

                      秋山さんはシンベ、ヤスチカさんはエレドラと徹底してテクノ。
                      バンドでありながらテクノでした。

                      ことぶきさんにいたっては、砦のようなキーボード達。まさに、P-MODEL流
                      テクノを象徴してるかのようでした。

                      最高に感動しました。あれだけ、感動したライブはいまだにナイですね。
                      また、同じ感動をP-MODEL再結成で味わえると信じています。








                      今日の電気音楽 その3

                      0
                         JUGEMテーマ:TECHNO



                           DEV2.O 「THAT’S GOOD」

                        はい、DEV2.Oです。DEVOじゃないけど、DEVOです。

                        たぶん、彼ら彼女らは演奏できるのでしょうが音源はDEVOが
                        演奏してます。
                        DEVOはこんなん好きで、まえにもVISITING KIDSでやってますな。

                        メンバーはNICOLE(VOCALS,12)NATHAN(ON GUITAR,13)
                        MICHAEL(ON BASS,13)JACKIE(ON KEYBOARDS,10)
                        KANE(ON DRUMS,13)という、子供バッカリじゃん。

                        ディズニーが企画したDEVOの次世代プロジェクト
                        「DEVOのエナジーと美学を新しい世代に受け継いでいく」ことが目的。
                        オーディションによって選ばれた10代前半の5人の男子女子がDEVOの
                        代表的レパートリーを演奏。といっても演奏の方はDEVO自身が担当。

                        曲によってタイトルや歌詞、一部メロディなどが変更されている。
                        (GIRL U WANT → BOY U WANT)
                        特にVOCALが女の子のせいか歌詞のGIRLがことごとくBOYに変えられて
                        いる模様。

                        アルバムにはDVDが付いていて、「THAT'S GOOD」同様に全曲のPV、
                        メンバーのインタビュー、マーク、ジェリーとの対談、アニメのフルバージョン
                        と豪勢な内容になってます。

                        しかし、その後消滅した可能性(大)で。コンピレーションで
                        オリジナル曲を一曲のみ確認できるだけです。



                         




                        | 1/2PAGES | >>